工程 1打合せ


透明金型の主な使用用途

①金型開発のための流動解析
通常金型は内部が見えないので、透明に置き換えることで内部を流動する材料の観察、分析をする。

②鑑賞用モデル
金型構造や材料流動の社内教育、展示モデル

お客様のお悩み

・材料が行き届く前に冷え固まってしまって、製品が充てん不足(ショートショット)
になってしまう理由を知りたい。
・製品に巣ができてしまう理由を知りたい。
例:アルミ材は水のように空気の泡が浮かずに、その場で穴形状の巣となってしまう。
・形状起因の材料流動性の確認がしたい。

製作工程の流れ

詳細打合せ
  製作品の概要、使用目的など打合せを実施。
  加工工法についてご説明。
データのご支給
  図面、2Dデータ、3Dデータを支給頂きます。( x_t igs STEP など)
3Dデータのモデリング
  強度が必要な部分、他部品との嵌合部分、特に可視化したい部分の形状変更など
加工用モデリングのご承認
  分割加工の為のモデリングを行ないお客様のご承認を頂きます。
加工スタート
  3軸、5軸マシンニングセンタにて加工を致します。
中間検査
  分割加工された各パーツの出来栄えを確認。
仕上げ組付け
  仕上げ、透明化処理、分割パーツの組付け、支給部品組付け、ヘリサートなどの組付。
リークテスト
  水を入れ重力環境下にて漏れが無いことを確認。
最終検査
  支給頂きました図面に基づいて品質の確認実施。

詳細打合せ

まずは用途を細部までヒアリングし、使用する最適な材料や工法を選択します。
お客様の要望を満たしつつ、低コストで製作できる方法を提案しております。
特に透明度によってコストが変わるので、入念にすり合わせ致します。

◆どのような実験をするのか?
◎強度 ◎圧力 ◎中に流すもの ◎透明度 ◎耐熱 ◎嵌合部品 等・・・

工程 2モデリング

工程 3製作

工程 4サポート・納品・アフターケア

作りたいものがありましたら、お気軽にご相談ください
お問い合せは下記フォームより必須項目を入力の上送信してください。
いただいた各種お問い合わせについては、担当者よりすみやかにご回答させていただきます。
ご入力いただいた内容及び個人情報はお問い合わせ内容への対応のみに利用し、弊社にて適切に管理いたします。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。